初出:山陰中央新報いわみ談話室

 久しぶりの手紙。この頃はメールが多い中で、オフホワイト色の素敵な原稿用紙に達筆な字で書いてあるその手紙を何度も読み返している。

1990年から2004年まで太陽信金(旧)のカレンダーの仕事をしたけれど、それをプロデュースして下さっていたデザイン会社、トーコンの社長、佐野さんからの手紙だ。
トーコンが事務所を自主閉鎖したのは、太陽信金が他社と合併し、カレンダーが終了した後、1年ほど過ぎた頃だった。
私が14年間、カレンダーの絵を担当出来たのは、トーコンの並々ならぬ熱意があってこそであり、いくら感謝しても仕切れないのだ。事務所閉鎖のニュースを心臓が縮こまるような淋しい気持ちで聞いたあの日。涙が止まらなくて困った。

『現役を退くと、みんな手紙一本くれなくなるなぁ、きっと』と淋しそうにおっしゃるので、『いえいえ、ちゃんと手紙を書きますよ』と約束した。ところが、手紙を書いても返事が来るものじゃなく、前に一度手紙をいただいたきりだった。それは私が童画集『みんな大好き!』を発刊した時のもので、それには『めぐみ君、素晴らしい画集が出来ました。』と書かれてあった。佐野さんは毒舌家で、からかわれてばかりいたので嬉しかった。

今度の2通目は、先日今井美術館で制作して頂いたカレンダーを送ったので、そのお礼の手紙だった。『良く出来ました』とまるで父親が子どもに及第点を与えるような言葉が書いてあったので、思わず笑った。

いえ、実際親のような気持ちでいて下さったんだろうと思う。
『何だ?あんなにおっとりした性格でよくまぁこの厳しい世界でやっている、と思いきや、めぐみ君のあの気の強さは何だ?とんだジャジャ馬じゃないか。ノー!と言ったらテコでも動かん。あの子は山だ!岩だ!阿久津君、めぐみ君を何とかしろ!』と長年佐野さんの片腕として活躍されたデザイナーの阿久津さんに叫んだ後、『いや、めぐみ君はあれでいい、あれでこそめぐみ君なんだ』とおっしゃったとか。カレンダーの絵の内容でもめた時のひとコマだ。もうひと昔前ということになる。

季節の移ろいを間近で見ながらの生活。ついこの前までは、うちの裏山で穫れた栗を母が渋皮煮をしては人に食べてもらっていた。『おばちゃんの渋皮煮は美味しいから作り方教えてよ』といろんな人から言われて、喜んで教えていたけれど、今度は干し柿作り。
私は肩が痛いし、母は足が痛いし、男手はないし、軒下に吊るす手間を省いて、縁側に物干し台を置いてそこに吊るすという工夫をした母。何事も工夫次第だねぇと感心する。

栗の渋皮煮と干し柿が大好きだった父の一周忌が近い。手からこぼれ落ちた幸せを数えるのはもうやめよう。今、手の中に残る幸せをしっかりと握りしめて生きる方が良い。

佐野さんにも阿久津さんにも手紙を出そう!下手な字でも、ちゃんと自筆で。『絵を描く喜び、年々増しております』と書いて…。

2006.12.5