夏みかんの花が咲いている。日本一、いえ、世界一好きな香り。
風に乗ってふんわりと甘酸っぱい香りが漂ってくる。まさに、香水。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は開花が遅いなあと心配していた睡蓮もどんどん咲きだした。

母も見たいよね、と思いながらしばらく眺める。火曜日には一旦母が帰宅して、
ヘルパーの方々との面談、どこに手すりを付けるかなどの相談をすることになっている。

そうなると、家のあちこちが気になるわけで(汗)。
家のお掃除、特にお風呂やトイレは点検されるでしょ?庭の草まで気になる。
いえ、その、ヘルパーの方が来てくださるとして、そうなると、キッチンなんか、
いつでもきれいにしとかなきゃ、となるんでしょうね。ああ、頭が痛い。

さて、院展が今年も開催され、盛況のうちに最終日を迎えた。
いつもは館長さんや月森さんのそばでうろうろしていた私だけれど、
今年は母の入院で、2回行くのが精一杯だった。
でも、我ながらなかなか有意義な絵画鑑賞をしたと思う。
私は、絵画はまずは一人で観るものだと思っている。
誰の感想にも影響されず、自分の見方、歩幅、リズムで観るもの。
2回見る機会がある時は、今度は、自分にはゼッタイ無いような、
面白い角度でものを見る人と一緒がいい。
そういう友だちが私にはいるのだ→美術教師をしているTさん。
自分では気がつかないその絵の良さというか、意外性と言うか、
なるほどと思いながら観て歩くのも楽しい。

私にとっては久しぶりの外出だった。大げさではなくて、
あっというまに夜が来るのだから。
今日などは、プラスティックゴミなど出して、畑で少しゴミを焼いて、
買い物に行って、帰ってから、アサリのお味噌汁を作り、
病院へ持って行って、7時に帰宅してから洗濯機をまわし、夕食食べたらもう8時だった。
早〜ぃ!もう少しゆっくり時間が過ぎてくれないかな。
仕事をする時間が無いよぉ〜。ナントカせねば。

たまに人のブログ読むと、楽しいこと、すてきなことがたくさん書いてある。

私のブログ、だめですね。どこにも行かないし、仕事は滞っているし、
書くことないですもん。なので、元気にしています、ということだけ…です。えへへ。