久しぶりのブログ。
28日は温泉津(ゆのつ)小学校へ講演(「講演」以外の表現はないかしら?嫌だなあ〜この言葉)へ出かけた。PTAで今回の企画をして下さった方が方向音痴の私を心配して玄関でずっと待って下さっていた。いいところ〜。景色はいいし、少し古びた情緒ある校舎で、校長室には素敵な飾り戸棚があった。明治時代のものみたいだった。校長室で挨拶をしていたら「佐々木さんに会いたいという方がみえています」と。え?!と驚いて玄関に出てみると、福波小学校の特留(ことどめ)先生がニコニコして立っておられた。特留先生は美術が専門で今年3月まで教頭先生でおられた。定年退職され、今はご主人と旅行など楽しまれているとか。

「恵未さんが今日湯泉津に来られると聞いて、庭の花を摘んできたんですよ」と大好きな一重のローズを下さった。そして岩崎ちひろ美術館で買ってきたという絵はがきも添えて。本当に心から感謝。特留先生の笑顔にすっかり緊張が解けたようだった。

会場に入ってみると、生徒たちとお母さんたちとがずらり〜。
平常心、平常心、と言い聞かせた。
ひとしきり話した後で、質問ありますか?と聞くと、一年生が立ちあがって「ボクはカブトムシを書くのが大好きだけど佐々木さんは何の虫が一番好きですか?」と聞いてきた。「え?好きな虫〜?」

ここで大爆笑。その可愛らしい質問が功を奏した。緊張がほぐれたのか、上級生もどんどん質問してくれた。今まで描いた絵でどの絵が一番好きですか?とか子供らしい素直な質問が続々と。だから相当時間オーバーしてしまった。絵を描くことが好きな人いますか〜?と聞くと殆ど全員が手を挙げたので、そのせいか、最後までちゃ〜んと話を聞いてくれていたのでホッとした。帰り間際に、「うちの子が人麻呂とよさみ姫の絵本が大好きで、家からこの本持ってきました。これにサインして下さい」と言われ、絵本を見ると、本当に何度も何度も読んでくれたという事が一目で分かった。絵本は子どもの手で何十回もめくられてこそ、絵本だもの。こんなに嬉しい事はなかった。

あ、思いだした!校長先生が「佐々木さんの人となりを知りたくてホームページを読んだのですが、河村隆一が好きだとか沢田研二のファンになりましたとか清原が好きだとか書いてあって、絵描きの人はやはり興味が幅広いんだなあと感心しました」だって!!これには参りました!!

どんな絵を描く時が一番嬉しいですか?という質問に「画面がなるべく大きい方が想像が広がっていくので好きです」と答えた手前?今夜は50号の絵の最後の仕上げをしている。相当遅れている。
とうとう今年はどこにも行けなかった。11月の初めには上京する予定を立てていたけれど、これも中止した。
でも、目の前にこんな楽しい事があるじゃないかと絵をじっと眺める。
後もう少し、後もう少し。仕上がった時の喜びを想像しながら、絵筆を運んでいる。

ところで、今夜の音楽は、手嶌葵のTHE ROSE〜I LOVE CINEMAS〜。
彼女が知られるようになったテルーの歌よりも私はこの曲が好き。
不思議。彼女の声はただ聞いているだけで涙が出そうになる。