7日、江津市学校給食センターの竣工式に出席した。
いわみ瓦をふんだんに使った落ち着いた清潔感のある素敵な建物だった。

テープカットの後で、中を見せていただいたけれど、ここで働きた〜いと
思うほど、素晴らしい機材が並んでいる。食育と地産地消を意識したメニューを考えておられるとか。

ここから学校へ配達される給食車のボディーに私のイラストが起用になって、
張り切って描いたのだけれど、大震災の影響でトラックの納品が送れ、竣工式に間に合わなかった。

5日に、市役所の方々といっしょに、松江の日野自動車に出かけた。一台の片面だけに印刷されたイラストの出来具合を見に来てほしいということで、期待半分、不安半分な気持ちで、日野自動車に着いた…。
(写真はイラストの原画とトラックに印刷された画像です)

なんでも、日野自動車と提携しているベンチャー企業の機材でトラックに直接イラストが印刷されると言う画期的なものらしい。ただ、アメリカ製なので、おおざっぱだとか。私のイラストの色とほぼ違わないデーターにすると、トラックに印刷したときに、淡い色になりすぎるので、データーを濃くしたということ。

見ると、色が濃くなりすぎて、赤や黄色がくすんで暗い感じになってしまっている。ちょっと頭がくらくら。どうしよう〜と心臓がドクドク。

「いえ、この機材のいい点は簡単に消せるんですよ」とおっしゃって。

「え?簡単に消せるんですか?じゃあ〜…、やり直しをお願いします」と
言っちゃった!!!

「青をもう少し押さえて、赤や黄色を綺麗に出してください」って、お願いしてしまい、日野自動車の皆さんはちょっと青くなっておられ…。(申し訳ありません)

それで、来週に片面だけ印刷したトラックで江津まで来てくださるってことで。そこでこれならいいですよね、ということになれば、3台のトラックの両面にそれぞれ印刷されて納品される。

早く9号線を3台連ねて走る給食車を見たいなあ〜。どうか、「おいしそう〜!」と感じてもらえる給食車になりますように。天に祈る気持ち。