ずいぶん久しぶりのブログ。パソコンが突然故障してしまった。

焦った〜!何といっても気になったのはデーターが壊れたのではないかということ。けっこう大切なデーターが入っている。3年前はパソコンなどなくて、無い時には無いように不自由を感じなかったけれど、使いだすと無くては大問題になるのだから、便利なものって結局不自由だと思い知った。何はともあれ、データーが無事で良かった!せっかく壊れてくれるのなら2ヶ月前なら良かったのに3年間のマックの保証期間をわずか2ヶ月過ぎていたために大変な修理費。ところがデオデオの保証期間が5年あるために半分保証して下さることになった。デオデオさまさまです。ありがとう〜。デオデオさんがこれからはバックアップしておいた方がいいって。バックアップってどうやってするのかな?知らないことだらけだ。

梅雨らしく本当に雨続き。その晴れ間に池に亀がいるのを発見!川からあがってくるのかなあ?いつも池にいるという感じではないし。ザクロの花が充分雨を吸って、生き生きと咲いていた。大好き!ザクロの花。
木いちごは小鳥のためにあるようなもので、朝には小鳥が二羽、細い枝の上で揺れながらついばんでいる。庭の花を少しもらってアトリエに飾る。かわいいな〜。ウキウキしてくる。

この1週間の出来事と言えば、濱村一城先生が出演される「公道流吟剣詩舞道大会45周年記念公演」に母と出かけた。濱村先生の会の方々のテーマは「人麻呂とよさみ姫」。濱村先生のソフトな美声と全員の迫力ある「情熱と哀しみ」の表現に母も私も改めて驚いた。最近詩吟が好きになった。だってそれまで私は母の詩吟しか聞いたことがなかったもの〜。へへへ。

そして私はまた蜂に刺された。これで2回め。1度目は蚊取り線香で弱っていた蜂が床に転がっていてそれを踏んづけた。今回は同じく蚊取り線香で弱って転がっていた蜂の上に座ってしまった。向こうずねが普段の1、5倍に腫れ上がり、正座が出来な〜い。そりゃ、相手も驚いただろうから仕方がない。
みなさまもお気をつけ下さい。
蜂の毒ってすごいから、この毒を使って何か治療出来ないものだろうか。毒は毒を制すって言うし。どこかの国ではヒルを使って悪い血を吸わせる治療があるそうだし。
仕事は、去年依頼を頂いた50号の絵にやっと取りかかった。どんな絵にしようかな?一番ワクワクする時。そして色づけに入れる瞬間がまたさらにワクワクする。
色づけに入るまでの気が遠くなる作業。だからこそ色づけの瞬間がうれしくてたまらない。その瞬間めざして、ガンバリマス!