小さな絵を描いた。依頼を受けていて気になっていた絵を今夜やっと仕上げた。数年前今井美術館で個展をした時に、実は父と母にプレゼントした『ふたり』という絵も展示したのだけれど、その絵が意外にも人気があった。今度もまた『あの絵のイメージで』と依頼された。仕事を意識せずさり気なく描いた絵の方がいいのかなぁ〜。この絵がその方の家でどんな風に存在していくんだろうと想像を楽しみながら今、箱に収めたところだ。

『この人、きっときれいな赤の洋服着ているんだろうねえ』
最近急に緑色一色になってしまったカラーテレビ。母と対策会議?を開いて『もうしょうがない、この際デジタル放送対応のテレビとDVDビデオを買いましょうよ』てことになった。さぁ、それからが大変。何処でどんな風に買ったのが得かを考えた。結局、近くのスーパーにある電気店で展示品のために安くなっている目玉商品を見つけたけれど、どうせ買うならポイントが5倍ポイントになっている日に買えばなおさら得。じっとその日を待っていたら、アトリエに遊びに寄った友人が『あらメグさん、昨日は特別に5倍ポイントだったのに。チラシが入っていたでしょう?そのテレビ売れちゃったかも』と言う。あわてて今日確認に行くと、予想通りそれが売れてしまっていた。ウッソ〜、とショックを受けていると店員の人がさらにいい目玉商品を取り寄せてくれると言う。8月10日の5倍ポイントの日まであと2日…と頭の中で考えているとお店の人がにこっと笑って『佐々木さん、10日にお待ちしていますよ』と言ってくださった。どうせなら5倍ポイントの日に、と言う魂胆がミエミエバレバレだったみたい。帰って母に報告していたら所沢の智ちゃんまでが『テレビ、どうした?』と心配して電話をくれた。これこれしかじかと説明すると『デカしたじゃない』と誉められた。智ちゃんもポイントにはこだわるそうだ。ポイントカードを忘れたりしたらガソリン代を使ってでも取りに帰ろうかと思うって。そりゃそうよねぇ〜、ケチってことじゃないわよねぇ〜。『工夫』ってことよねぇ〜とかなんとか二人で言い合った。

『あぁ、生きていくって大変なことよねぇ。お父さんはいいなぁ、暑くもなく寒くもない素晴らしいところにいて何の心配もないのだろうから』と人一倍夏に弱い母がため息をつく。ぜいたくな悩みだとひんしゅくをかうかもしれないけれど、周囲には広い畑。庭。草刈りだっていちいちオオゴトだ。
14年前、私はまだ所沢で暮らしていた。父が大学の同窓会のために上京して初めて所沢のその狭いマンションに泊まったのだけれど『いいなぁ、こんなに小さいところだと掃除しなくてすむな』と言った。小さくたってお掃除はするわよ、と笑ったけれど、父も今思えば我が家の維持の大変さを痛感していたに違いない。

まぁ、色々なことがあるけど何とかなるわよ、お母さん、と励ます。あなたみたいに気楽な子から言われたくないわね、と母。すやすやと寝ているさらに気楽なテツを見てつくづく羨ましいと思う母と私だった。ちょっとため息の巻き。