汗ばむようになったと思ったら大雨で、今日はちょっと涼しい。
こういう天気は86歳のうちの母にはこたえるようで、毎年、夏になりはじめに体調を崩す。
メヌエル氏病的症状。それでも寝付かないでいてくれるのでありがたいなと思う。

勝手に我が家のシンボルツリーだと決めているのだけれど、「ヤマモモの木」。
老木なので一回リセットしなければ、ということで、せっかくいい形に茂っていたヤマモモの木が思いきり剪定された。
「めぐさんが悲しがるから」と枝先に少しヤマモモのみを残してくださっていたけれど、見ると、ちゃんと赤く熟していた。
この状態でよく頑張るわ。かわいいな〜。
溝上さんが剪定された枝を来年の薪ストーブ用の焚付けにと取っておいてくださった。うれしい〜、ありがとうございます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西洋朝顔(天上の青)の葉もぐんぐん伸びている。
後少しで花が咲いて秋まで咲き続けるから、楽しみ。トマトもやっと赤いのが!!

久しぶりに館長さんと昼間に「わかひろや」で食事をした。
(館長さん注文のまる姫ポーク=江津のブランドを使ったランチを少し分けてもらったけど、おいしかった!)
昼間に食事というのは初めて。実は、昼夜逆転の生活改め、普通に朝早く起きて、昼間に仕事をして、
というパターンに切り替えている。なかなか慣れないけれど、持ち病のアレルギーなどなど、
自分で改善出来るところはしてみようと思ったわけ。早朝の散歩が気持ちがいいのでした〜!!

それから、館長さんとドラマ談話室?だけど、久しぶりに再放送しているNHK時代劇「蝉しぐれ」の話になった。
とにかく、私は何回再放送を見たかなと思うけど、何回見ても、いえ、見るたびに感動が大きくなる。
牧文四郎役は、内野聖陽しか考えられませんねえ、などとまた演説しちゃって〜(笑)。
再放送が多いNHK。こういう番組なら何回再放送してくれてもいいから。