クリスマス。江津のイルミネーションが今年はどことなく寂しい感じがする。私の部屋はいつも通り。少々ろうそくの明かりを楽しむ程度だけれど、町はキラキラピカピカがいいのにね。

クリスマスと言えば、子育てサポートセンター主催のキラキラコンサート。
今年で3回目の出演。出演と言っても、準備はサポートセンターの先生たちがしてくださり、私は当日リハーサルと本番の2回、語り聞かせをする、というわけで、なんだか申し訳なく、私ももう少し、歌えるとかダンスが出来るとかパフォーマンスが出来るといいのだけど、本を読むことしか出来ないから、実は気が引けていて〜(汗…)。ドキドキ。

子育てサポートセンターの佐々木先生や斉藤先生とも長いおつきあいだけれど、「赤ちゃん登校日」など、勇気を出して取り組んでおられ、その成果に最近では視察に来られるところもあるとか。

「赤ちゃん登校日」とは、学校の児童が赤ちゃんのお世話をするという試み。赤ちゃんにふれることで、命の尊さや家族への感謝の気持ちが生まれるなど、多くの利点があるということ。でも、それを受け入れてくれる学校が少なくて、苦労したみたいだけれど、まずは江津東小学校が受け入れてくれて始まり、それは島根県では初ということになった。

こうして、見た目、柔らかくホワンとした感じに見える先生たちの心に秘める情熱は熱く、子供たちへの愛情は本物だし、そして清らか。

その先生たちの努力で開催されたキラキラコンサート。

最初が智翠館高校の見事な演奏。いやもう、すごいレベル。
感動します。毎日夜11時まで練習するのだとか。
客席ではボランティアの小学生がサンタの格好で応援していて。
可愛かった!

その後が私。もうドキドキを通り越して、感覚無し。
驚くのは、子供たちが静かに聞いてくれるところ。不思議〜。
すごい数の子供たちがいるのだけど、じっと聞いてくれる。
驚異的にお行儀が良くて。若いお母さん、しつけが上手なのかな?

で、終わった後、幼い女の子が、けっこう低音の声で「よかったよ」と
言ってくれた。「ほんと?」と聞くと、やはり低い声で「うん!」と。

心の中でピースサイン…でした!!

そしてフルート演奏、「ふらすとかんぱにーず」さんたち、素敵な女性の
演奏で。次は「トリオアリア」によるオーボエとピアノのよるクリスマスメロディー。心のこもった演奏に感激しました。

最後が、子育てサポートセンター職員による歌遊び。これがまた見事!
動きがカワイイ〜ことにびっくり!
さすがに子供の心をしっかりとらえ大盛り上がりでした。

お疲れさまでした。サポートセンターの先生たちのご努力に、
頭が下がります。

それで…私はまだ年賀状も書けず、焦りながら、クリスマスイブを迎えます。

私の場合、毎年、地味〜なクリスマス。まあいいですけど。