今年最後のお菓子教室。10月はジンマシンで、そして11月は上京する日と重なり、お休みした。それがなければ皆勤賞だったのになあ〜。数年前、奈々子先生がキッチンスタジオを立ち上げられ、スタジオへの絵を依頼されたことがきっかけ。本来はお料理教室だけれど、『奈々子先生、お菓子教室はないのですか?夜のお菓子教室なんて無理でしょう?』と聞いたら、10人集まれば可能よ、ということで始まったお菓子教室だ。習い始めて何年になるのだろう?やめる人がいない。お菓子の美味しさはもちろん、夕食を終えてのんびりした時間帯に、堂々と心おきないおしゃべりが出来るのだから。しかも、毎回、可愛い花や置物で演出して下さるので、さらに楽しい。

今夜は上空にクリスマスイルミネーションが!度肝を抜かれた。
せっかくだから記念写真を撮りましょうということになった。そうそう、今日のお菓子はブランデー漬けの干し柿などを使ったイギリス風クリスマスケーキだった。クリスマスケーキとイルミネーションに乾杯!

さて、我が家に帰るとうんざり。アトリエは紙や絵の具が散乱して、凄い有様!せめてホコリくらい取ろうと申し訳にお掃除した。クリスマスの飾りはテツがいなくなって以来、どうでもよくなっていた。11年前、銀座で個展をした時にプレゼントして頂いたスノーマンのランプ。凄く気に入っていたのを思い出した。久しぶりにスノーマンにスイッチオン。さてと、まあそれくらいだ。そうだ!今井館長さんに頂いたガラスに貼るかわいいものがあった!外から見るとなかなか綺麗だ。やっぱりクリスマスらしいよね、と少し嬉しくなる。

一息ついた。妙子さんから(桜江中学校美術教師)、先日桜江中学校の生徒が童画展に来てくれた時の感想文を手渡されたので、目を通した。ハラハラする瞬間だ。全校生徒の感想文。一枚も白紙がなく、ぎっしりと感想が書いてあった。それだけでも嬉しい!
『甘南備寺が描いてあったけど、実際の甘南備寺は違う。それなのに絵を見たら、あっ、甘南備寺だと思った。そういうところがいい』とか、『チューリップが空を飛んでいても、不自然じゃないのが不思議』とか『他の画家とは全く空気が違う』とか『恵未さんがふるさとを描いてくれるようになってくれたのが嬉しい』とか『絶対にマネ出来ない色使い』とかなかなかオマセな表現もあって楽しかった。私にとっては一番嬉しいラブレター。質問もいっぱい書いてあったので返事を書こうと思う。
驚くのは、各学年1時間という時間制限がある中で、隅々まで細かく見てくれているということ。絵の中に最多出演しているテツの存在に気がついた生徒もいた。

おいしいケーキを食べておしゃべりをして、生徒たちの感想文を読んで、心があったかぁ〜くなった。こんな夜はめったにないわぁ〜。さて、もう一息仕事頑張ろう!