早朝、江の川沿いの美しい景色を見ながら、川本町のおとぎ館に行ってきた。
おとぎ館リニューアルオープン。

江津から川本町まで車で一時間はかからないけれど、山間の町の中に
とてつもなく立派な施設があることを私は知らなかった。

温水プール。ホテル。コンサートホール、レストラン、録音室など、
音楽を中心としたガラス張り建築の複合式施設だ。
ところが、なかなか集客が思うようにいかず、
このたび経営者が変わってリニューアルオープンということになった。
そこのイメージに暖かさを加えたいということで、
私の絵、2点を大きな印刷看板にして玄関とホールに取り付けたいという依頼を頂いた。
江津市の住田工芸さんとのコンビでの仕事だ。

まだ仕上げを見ていないし、ああいうガラス張りの洒落た建物に
私の絵が合うだろうかと少し…どころか
かなり不安を持ちながら出かけた。

式典の最後に除幕式があり、そこで初めて仕上がったものを見た。
ひゃ〜!!て感じ。案外と…案外と…絵がそこに似合っているではないの?えへへ。

中に入るとロビーに、玄関の絵よりさらに大きく拡大された絵(看板)が取り付けられていたけれど、
大きさは3メートル四方くらいかな?そこまで大きな自分の絵の前に立つのは、ちょっと落ち着かなかった(笑)。

でも、住田工芸さん、きれいに仕上げてくださっていて、お礼を言わなきゃと思う。
通りかかりの女性たちが「毎日この絵を見られるんだね」と話していたそうで、それを聞いて嬉しかった。

そこでバッタリ、デザイナーの室濱さん夫妻に出会った。あれ?どうして?と聞いたら、
奥様の双子のお兄さんがそこのシェフでおられるんだとか。縁ですねえ〜。びっくりした。

 

それで、式典の後、館内を案内してくださったけれど、どこもかしこもとにかく綺麗。
中でも驚いたのは、録音室をカラオケルームに改装したその部屋!

元々録音室だからそれだけでも音響がいいところへもってきて、
見たことがないような立派な機材が置いてあり、カラオケの音が素晴らしい。
マイクももちろん。これは、「私はプロのミュージシャンです!」
という気分になるのは間違いなく、人気が出るだろうなと思った。一時間千円だとか。

 

ホテルも広々していてきれいだし、近場でも泊まって時間を気にしないで楽しむのも悪くないな〜と思った。

そこの支配人の植田さんが、「やるぞ!」という闘志がみなぎっている人で、
闘志を燃やしておられる若い方の姿を見ていると、心から応援したくなってくる。

おとぎ館のホームページはこちらです
http://otogikan.com/

家に帰って少し寝て(深夜仕事をしたまま、寝ないで川本町に出かけたから)、
夜は昨日の男子に続いて女子のフィギュアスケートを見た。

高橋大輔選手はもちろんだけど、羽生選手の昨日の演技は、心に迫ってきて泣けてきた。

久しぶりに智ちゃんと長話。「見た?スケート」「見た見た、感激したわ〜」
とスケート談義。今年はオリンピックがあるから、今後また話題が増えそう。

ま〜ず、智ちゃんも私も「恋愛ドラマ系」は見ないから。
メンドクセーってことで。えへへ。こうなるとおばちゃんそのもの?

ええい、なんとでも言ってくれぃ!