16日は松江の幸運閣(松江城の敷地内にある素敵な洋館)で、紙芝居を。さわやかな風に吹かれながら、素敵な場所でさくらえのみんわとハワイの童話を読ませていただいたのはとてもいい経験になったと思う。

それでも、ああして、イベントに呼んでいただいて感謝しなくてはと思う。少しでもふるさとの童話や民話を知ってほしいと思うから。イベント主催者の安達さんご夫妻が、準備から終了後の作品返却まで大変な作業だったと思う。県庁の黒田さんが来てくださり、お昼は一緒に名物の鯛茶漬けを食べて、その後ケーキセットを食べて、いっぱいおしゃべりしてから帰りの列車に飛び乗った。楽しい一日だった。

19日は「あったか家族展」の展示。と言っても、日通の美術班の方々が展示してくださるので、ただ私はその方々のプロの技に見とれるばかり。
すごいんだから、とにかく。

人間、緊張が続くと、それに麻痺して、何も感じなくなるものだなあと思う。ジンマシンも、不眠症も胃痛も、不思議に全部おさまった。

22日が初日。あと幾つ寝ると初日?いよいよ始まる。

11月6日の最終日まで、連日美術館に通うけれど、沢山の人に会えるといいな〜。いっぱい話せるといいな〜と、今は楽しみな気持ちでいっぱい。

私のブログを読んでくださっている皆様、お友達。
今井美術館でお待ちしていま〜す。